負けない三十路!天然化粧品で目指せピチピチツルツル肌!

天然化粧品が一番な理由

吹き出物や肌荒れ… 助けてくれたのは100%天然化粧品でした

天然化粧品はやっぱり凄い!-HOME » 注意したい危険な成分 » 気をつけたい成分【防腐剤】

気をつけたい成分【防腐剤】

防腐剤ってそもそもなんのため?

ずばり、化粧品の品質保持のため。

まずはそこです。

 

化粧品が普通に店頭で売っていて腐ってしまったりしては大変ですよね?

夏とかでも店頭に出てるし、完全に温度管理とかしてないような状態で売られてる事も多いと思います。

下手したら日光に当たってるんじゃないか?って事もありますよね。

 

とにかく、どんな場合でも化粧品にカビが繁殖したり、劣化して異臭がでたりしたら衛生上たいへんな問題です。

なので、化粧品が腐ってしまう事が無いように、品質を守るために入れられています。

抗菌性があるもので、菌から化粧品をまもるために入っているのです。

 

例えば、水もそのままおいておけば腐るし、大抵化粧品って使ったら毎回冷蔵庫入れたりしないで、そのまま部屋とかお風呂場とか、使うところにしまっておきますよね?

そういうときでも、長い間腐らないようにするためのものです。

・・・・・・でもこういった化学合成の防腐剤は、最近問題になっている環境ホルモンや、アレルギーの原因一つじゃないかって考えられてもいるそうです。

ちなみにちょっと怖いお話になっちゃうんですが、防腐剤とか無添加っていっても、原料の段階からはいってることがあるので、その辺がとてもわかりにくいです。

 

有名なのは?

防腐剤として有名なのが、

「パラベン(パラオキシ安息香酸エステルっていう表示のこともあります)」

「フェノキシエタノール」

です。

ちなみにこちらは、人によって接触皮膚炎やアレルギーとか、湿疹、皮膚刺激などを起こす原因になります。

実際の所こういう防腐剤の安価なのだそうです。

大抵のものにはいってるのをみかけますよねo(;△;)o

 

でも、こういった合成成分に頼らなくても、最近は植物から抽出した防腐剤とか、合成の防腐剤以外でもちゃんと保存できるようになってるんです。

ただし、それにはメーカーさんに技術力が必要!

何回も安定試験を繰り返して商品になるので、現在では限られたメーカーだけが植物だけの防腐に成功しています。

それだけ難しいっていうことなんですね

化学合成に比べるとやっぱり手間隙かかる分、コストもかかる。

だけどそのかわり、肌に対する安全性は──言うまでも無いですよね><

 

一般的に合成防腐剤の人体への影響としては、

シミ・しわ・かゆみ、喘息や髪の毛への影響(白髪や薄毛)などをはじめとして、肝臓障害や、アトピーの原因になったり、発がん性の疑いがある。

という事が私が調べた結果わかりました。

 

……シミやしわの原因になっちゃうんじゃ、化粧品の意味がないのでは?(゜ロ゜;)