負けない三十路!天然化粧品で目指せピチピチツルツル肌!

天然化粧品が一番な理由

吹き出物や肌荒れ… 助けてくれたのは100%天然化粧品でした

天然化粧品はやっぱり凄い!-HOME » 天然化粧品に使われる天然成分 » 美白にいい天然成分

美白にいい天然成分

そもそも美白って何?

良く言う「美白」、そもそもどういう状態でしょうか?

一般的には、色素沈着が少なくて、色白、ってことですよね。肌の中に余分なメラニンがなくて、もともとの透明感のある肌っていう。

紫外線浴びるとできちゃう日焼けやシミ、ソバカスがなくて、キレイな状態。

ほら、よく「色の白いは七難隠す」っていうじゃないですか。

 

私は元々色は白いほうだったんですが、学生時代はテニス部だったので真っ黒でした。

あの頃もっとちゃんとUVケアしておけばよかった……

 

美白にいい天然成分は?

アルブチンがまず挙げられます。メラニンを作るのを阻害するので美白効果があるって言われているんですね。

それから、コウジ酸。コレも同じ様にメラニンを作るのを阻害するので、有効成分として使われていました。

他にも、やっぱり大事なのはビタミンです。

 

ひたすらあちこち調べまわって思ったのですが、今お米が凄いらしい

ほら、昔の人とか米ぬかで顔あらったりしてたじゃないですか。そうするとすべすべツルツルになるよーって、言われませんでした?

 

私の家ではお風呂にぬか袋がおいてあったんですけど、今はどうだろう?

実際米ぬかって、ビタミンE(若返りのビタミンっていわれてます)とかビタミンB群(シミソバカス予防にいいのです)とか、他にも美肌のための成分がしっかり。

昔からいいって言われている物って、やっぱりそれなりの理由がちゃんとあるんですね

 

ただしっ!ここで怖い話を一つしちゃいましょう。

 

最近農薬って多いですよね?よく社会問題みたいになってるから、考えて居る方も多いと思います。

食べるわけじゃないし、関係ないって思いません?

米ぬかと農薬にどういう関係が?って。

最初私はそう思ってました。

でも、無関係じゃないんです。物凄く密接で、こわ~い、大事なお話なんです。

 

さて、いくら米ぬかが肌にいいからっていっても、そのお米作るのに使われた農薬、どこに残ると思います?

農薬だけじゃなくて、色々使った薬品は、どこにのこるでしょうか?

──ずばり、米ぬかです。

外側に蓄積されちゃうので、食べる分にはだいぶ削られて残らないらしいんですが、

その削った部分である米ぬかには、しっかり蓄積されてる訳です。

なので、肌にいいからって使ったはずが、知らない間に農薬塗ってたなんていう怖い事に……。。゛(ノ><)ゝ

怖いですよね><

 

最後に

いかがでしたか?

調べてみると、化粧品を作る技術が進歩して、以前では考えられないような天然化粧品が作られていました。

これまでは、たまたま巡り合った化粧品を使い、良かったとか悪かったとか判断していましたが、

化粧品の選び方を知り、情報を判断できれば誰でも本当に肌のためになる化粧品に出会えると分かりました。

化粧品で肌トラブルを起こす!なんて言語道断!

誰でもがお肌の悩みを解消でき、美肌を手に入れることができる化粧品ばかりになることを心より願っています。